Herokuでのアプリケーションで使用しているデータベース上のデータをSQLite3等にダウンロードする場合、以前であればtapsというgemをインストール後に下記のコマンドを実行すればよかった。

heroku db:pull sqlite://<ファイル名> --app <アプリ名>

db:pull is not a heroku command

最近久しぶりにherokuコマンドを実行したところエラーが出てダウンロードが出来ない...そもそもdb:pullのコマンドがherokuから無くなっていた。どうやらdb:pulldb:pushはdeprecatedになってしまったようだ。

今後はpg:pullpg:pushを使ってねとの事だが、気軽にアプリを指定してローカルのsqliteにダウンロード出来ないのは面倒臭いなと思ってたら、どうやらpluginとして一応まだ使うことはできる模様。

heroku plugins:install https://github.com/heroku/heroku-legacy-taps.git

あとはいつも通り必要なGemを入れて終了。deprecatedなのがアレだけど一先良しとしよう。

Post thumbnail

node.jsのcoffeescriptで書かれたweb用フレームワーク「zappa」を使用してアプリケーションを作成しているので、開発やheroku用の細かなメモやコードスニペットをば。

後でちゃんとした記事にまとめます。できたら今日、明日で:)

Continue reading...

その都度ググってる様な気がするのでメモ。

Heroku

heroku restart
heroku logs (--app hogehoge)
heroku keys #=> 登録されいているssh公開鍵一覧
heroku keys:add #=> ssh公開鍵登録(ssh-keygen -t rsa)
heroku rake <コマンド>
heroku console #=> irb
heroku console <コマンド> #=> shell

Git

git add -A
git commit -m "hogefuga"
git push heroku master
git clone git@heroku.com:fugafuga.git #=> herokuからソースを引っ張ってくる時とか
git remote add heroku git@heroku.com:fugafuga.git #=> push,pullするときのheroku上のリポジトリ
git remote rm heroku #=> リポジトリがよく分かんなくなった時にどうぞ

よくあるエラーとしては、別のPCなんかでリポジトリ引っ張ってくる時なんかに、

Permission denied (publickey).

fatal: The remote end hung up unexpectedly

っていわれたりするけど、公開鍵の登録が出来ていないのでkeysで鍵確認して、登録されていなければkeys:addでokです。

最低限遊ぶくらいならこのくらいのコマンドで取りあえずは問題ないんじゃないかな。いちおうheroku helpで微妙に分かりづらいけどhelpもみれますし

それにしても、どこからでもコードを編集出来て即upできるってホント便利ですよね。