コーディングはフリーランスで実施することが可能な職業の一つであり、実際に副業でコーディングをしている方も大勢います。

コーディングで稼ぐ

ここで単純な疑問が浮かびます。「コーディングは稼げるの?」この疑問の答えは、「コーダーの力量と経験」に左右されます。そこで今回はコーディングの報酬面の現状と稼ぐための秘訣を紹介していきたいと思います。

コーディング稼業の現実と秘訣

はっきり言って、コーディング一本で高額の報酬を得ることは難しいです。HTML、CSS、jQuery(JavaScript)をマスターしているだけでは、会社勤めであってもフリーランスであっても50万円以上を月に稼ぐことは至難の技です。そこでこれからコーディングを学習しようと考えている方、または、学習を始めたばかりの方にお薦めしたいのは、副業として土日等の隙間時間にコーディングの作業を請け負い、コツコツと経験を積むルートです。

まず独学なり有料のコースを履修するなりしてコーダーとして必要な知識と技術を身につけたら、以下の方法で自分のレベルに合う仕事を獲得しましょう。

  • 友人等からの紹介
  • クラウドソーシングサイト
  • SNSで募集

他にも仕事を受注する方法はありますが(例えば、サイトを自作し、案件を募集する)、初心者なら上記の方法が最も効果的です。初心者の段階では経験を積むことが主な目的なので、報酬は二の次に考えましょう。

そして仕事がない時は別の言語の勉強等、今後のための投資を行いましょう。副業ではなく、本格的にフリーランスで生計を立てることを希望するなら、スキルアップは絶対に欠かせません。また制作会社から仕事の斡旋を受けるのではなく、直接クライアントから案件を受注する場合は、最低限のビジネススキルも必要になるので少しずつ学習していきましょう。